この380オートは小生が幼きころ行きつけのおもちゃ屋のプラモの棚にあり、何とか小遣いで買える範囲内のモデルだったと記憶する。ただし全額をはたく覚悟がいるので購入に至ったかは不明。ただ、やたらと記憶に残っている。これが発売になるという雑誌の記事を見て脳裏にLSのちょっとハードボイルドだが暗いイメージの箱絵と、やたら派手なメッキのコルトのメダリオンが蘇った。ガバの実銃を手にして今も興味のそそられるモデルだ。よくぞモデル化してくれました!
 LSの記憶の頃は、これほどまでに小さいとは思わなかったが今見るとやたらと小さい。デフォルメした子供用の銃かと思ってしまう。実銃だがコマンダーと比べてもこれだけ違うのだ。普通のガバのつもりで握ると小指がグリップからはみ出る。これは、マガジンの下を押さえ込むようにグリップすればいい。ただセフティが小さいので右手の親指の行き所がそのままスライドを固定してしまう。実銃を手にしたことがないので比べられないのだが、この銃は良くできている。適度な切れのあるシアーで、トリガーも引きやすい。ガスを充填して数発撃ってみる。ショートストロークなのでスライドの動きは速い!そして良く当たる!十分なアキュラシーである。これは変におもしろい!癖になる!マグナブローバックなのでバシバシしとしたリコイルだし!
 2cmほどの後退量しかないスライド。はじめはどこかに引っかかってるのかと思ったほどだ。しかしこれが素早いスライドの動きをするのだ。
1.トリガーはスライド・ストップ上のピンを中心に円を描くように動く。普通のガバのように直線的な動きではない。これが、この大きさでも操作しやすいモノにしている。2.残念なのがこの刻印。この写真のように一部が深く前方が消えそうなほど薄い。これは個体差がありそうだ。3.この面構えはガバ譲りで、なかなか良いぞ!4セフティは小さく、ハンマーはリング・タイプ。5.ミリガバ同様、サイトは見づらい。調整は出来ていて良く当たる。6.グリップ・セフティはなく、セレーションもない。さっぱりした後ろ姿。
これはとにかくおもしろい。ガバ好きなら是非手にして欲しい!とても楽しい銃である!望むのはサイトを何とか出来れば更に遊べるのだが....