友人のガンスミスはブローバック好き。確か去年日本のエスコートというメーカーのMP5を購入したと聞いていたのを思い出して見せてもらった。既に外見はカスタムされて迫力を増していた。グレネードはお遊びだ。金属レシーバーのMP5。ずしりと重く懐かしいホースが飛び出している。これにCO2を繋いで撃てる。ガスほど気温を気にしなくて良い。
ハンドガードにグレネード。ちょっと派手になっているがオリジナルの状態は簡単に想像できよう。金属製なので重量感がありバランスも良い。
この溶接跡などは泣かせる。コッキングレバーも動作してしっかり実十機分を味わえる。各部がすれてくればそれなりに地が出てきてまたその雰囲気が出てくるのだ。
エジェクションポートはコッキングレバーを引くと開く。その前方の溶接跡などがワクワクさせる。電動じゃないから配線もない。隙間から見えるのはバレルなど金属なのでまた良いのだ!
マズル付近もバッチリ。サイトも変な厚みもない。樹脂か!?お遊びのグレネード。

これがパワーソース。1Jに設定されている。小型なのでそれほど苦にならない。ただ、サバゲなどで装備を付けたりするとこのホースが引っかかったりするのだろうな〜と想像してみる。さて実射だがガスガンらしいタイムラグのない発射と心地よいリコイル。フルオートも発射速度が実銃並みなので確かに実銃を思い起こさせる感触だ。これは癖になりそうだ!ボルトが動くカタカタというノイズがまた撃ってる感じで良い!これはおもしろい。難点を言うとトリガーのキレが悪い。H&Kはこんなキレの悪いトリガーを作りません。セレクターもかちっと決まらず。どこに入っているのか分からない。いちいち目で確認する必要があるのだ。それと、グリップ周りの樹脂の部分の作りが持ったりした感じで実にもったいない。上部の金属部分があれだけ良いのに本当に残念だ。とはいえ、重箱の隅をつつくような話で所有感を満足させてくれる一丁だ。このモデルは日本で購入可能だぞ!気になる人はチェックだ!このホームページからはMP5の作動シーンのムービーも公開されている!

http://escort.ftw.jp/index.html