東京マルイの新製品がなぜかフランスに入荷。陸上自衛隊の89式小銃だ。これがフランスで受けるのか。それよりも知ってるのか?まあそんなことは置いておいて中身を見ていこう。正直89式には興味がない。イヤ無かった。そして電動ガン。ますます興味もない。依頼されての撮影もかねて見てきたわけだ。評判が良い程度しか情報はない。興味もないから雑誌もとばして読んでいたのが正直なところだ。しかし実際に目の前にして徐々にその考えが変わってきた。目の前に出されて質感の良さ。これはMP7あたりからマルイは気を遣うようになってきたようだし。持った瞬間、重い。レシーバーが金属か!?ただ重いだけでなくバランスも良い。トリガーを引くとシアーを切るような手応え。こざかしい...しかしこれがバッテリーを繋いでみるとうまく雰囲気を出す。ということでバッテリーを繋いでみた。トリガーを引く。シアーが切れるような感触の後バシ!という今までになかった電動ガンの音。力強くまたリコイルを感じる。嫌いなニ〜ガシャン。というものではない。3点バースト。これも小気味良い!やっぱりリコイルを感じる。手の上でなく、ストックを通して肩に来るぞ!フルオート。もうここまで来ると癖になる!どうしたんだ一体!電動ガンが楽しいじゃないか!?でフルオートから3点バーストにするとまず1発だけ、そして3発になった。こういったジャム(?)が数回あった。メカニカル3点バーストなのね。ただ、3点バースト中にシングルショットした後にトリガーを引きっぱなしにしても3点出た。フルからだとたまにトラブるようだ。セミオートにしてターゲットを狙ったつもりで撃ちながら左右に動かしてみる。はじめはあれ?いいぞ?と思ったがそのトリガーになれてくるとやはりピストン後退してからの発射なのだ。遅れを感じた。どちらにしても電動ガンがおもしろくなってきたぞ!このメカニズムはうちのM4に移植できるのかな??
1:日の丸がかっこいいぞ!2:BB弾の箱もそれなりの雰囲気!3:レシーバーの残弾が見えるという穴。マガジンと合わなくて見えない...4:アッパーレシーバーも金属だったのですね。刻印もしっかり!5:かちりとクリックで調整可能。
6:フロントサイトの両サイドのカバーはぶつけると折れそう。7:マガジンにも残弾が見える加工が...ってここから埃とか水はいらないか?どんなに良い銃でもマガジン悪いとジャムの原因。実際どうなんだろう?8:これは良いですね!マガジン抜くとぱらぱらとこぼれるBB弾。これも電動ガンお嫌いなところでした。9:セレクターレバーもかちりと決まって良い感触だけど、ちょっと慣れるまではとまどいそう。レバーのある方がそれぞれ選択したものになるわけでM4やHKなどとは反対だからね。
バイポッドをを付けても変にふらふらせずに適度に固定されていて良い感じ。自分のFALにバイポッドが欲しくなりました(^^; ということで高い工業技術の日本の中をまたMade in Japanのマルイで再現です。実銃知らないから何ともいえませんが、自衛隊納入モデルだけ会ってこの出来はなかなかです。この勢いで今後の電動ガンを展開してくると思うと次回作が楽しみだな!というか、M4でもH&Kシリーズでも今までのラインナップをこのレベルまで総てマイナーチェンジしてください。